金型製造工程

設計・システム

設計とはプランニングであり、そこから強度や剛性を実現するのが実践的な技術です。川中グループにとって金型の設計、システムはその屋台骨を作る作業です。製品データだけが支給された状態から、CADによる工程レイアウト、設計、JSTAMPを使った成形シミュレーション、モデリング加工データの作成、そして3DスキャナーのATOSを使った検査、玉成といった一連のプロセスをデジタル処理。これらのプロセスは川中グループが強みとしている部分でもあり、長年のノウハウと技術が豊富に蓄積しています。JSTAMPによるシミュレーションは細部にわたり、成形品の割れや不具合などをデジタルデータの段階で再現し、修正を行うことで金型の高品質と短納期が実現します。

機械加工

設計、システム部門で作成されたデータをもとに製造現場では充実の設備と経験豊富なスタッフにより、金型の「カタチ」が作られていきます。一次加工から三次元加工、そして仕上げという工程すべてにおいて、川中グループがこれまでに蓄積してきた強みがいかんなく発揮される一連の工程です。

仕上げ

高度にデジタル化、機械化されている金型製作のプロセスですが、最後にかかせないのが「人の手」による品質のチェックや調整です。川中グループが誇る熟練のスタッフが社内で受け継いできた金型のノウハウを用いて、プレス機の中に入って「人の手」による調整を行い、高品質な金型が完成します。